杉並区上井草駅の歯科医院・歯医者 | 入れ歯・義歯・予防歯科等

患者さん一人ひとりの症状に合わせて最適な歯科治療を実現します。

患者様へ お知らせ

当院院長細見先生が悪性リンパ腫の治療に専念するため、7月より大学後輩の坪田が代診しております。

私が所属しておりました部分床義歯学分野は、現在残っている歯を極力残して、失われた歯を補い、欠けている歯を修復し、噛めるような治療を行っております。入局当初より、細見先生をはじめ様々な先生の指導を受け研鑽を積んで参りました。同じ歯の欠損、噛み合わせの患者さんはいません。それなので「患者さん個々のライフスタイルに合わせて噛める治療」を目指しております。

診察日、診療時間は7月より変わって以下のとおりでございます。

診察日 水、木、金、土
診察時間 9:30〜12:00 14:30〜20:00(水、木、金)
9:30〜12:00 14:30〜17:00(土)

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

坪田略歴

  • 2010年 東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
  • 2010年 東京医科歯科大学歯学部附属病院臨床研修医
  • 2011年 東京医科歯科大学歯学部附属病院部分床義歯補綴学分野専攻生
  • 2012年 東京医科歯科大学歯学部附属病院部分床義歯補綴学分野大学院研究生
  • 2013年 東京医科歯科大学歯学部附属病院部分床義歯補綴学分野医員
  • 2016年 東京医科歯科大学歯学部附属病院部分床義歯補綴学分野非常勤講師

細見デンタルクリニック(院長:細見洋泰)は、杉並区上井草駅前の歯科医院・歯医者です。虫歯・歯周病治療、義歯・入れ歯治療、予防歯科、審美まで、患者さんの症状に最適かつより良い治療を実現します。

TOPICS

ザ・クインテッセンス 連載 口腔機能を守る時代の補綴治療 今、整理しておきたいPOSとDOS

「ザ・クインテッセンス 連載 口腔機能を守る時代の補綴治療 今、整理しておきたいPOSとDOS」

当院院長 細見洋泰が院長による雑誌連載「口腔機能を守る時代の補綴治療 今、整理しておきたいPOSとDOS」を冊子にまとめました。

QDT 連載 マニュアルにない再治療の実際

「QDT 連載 マニュアルにない再治療の実際」

当院院長 細見洋泰が院長による雑誌連載「マニュアルにない再治療の実際」を冊子にまとめました。

診療時間変更のお知らせ

2018年9月より、診療時間が下記の通りに変更になります。

【水曜・木曜・金曜】AM 9:30〜PM12:00 / PM2:30〜PM8:00
【土曜】      AM 9:30〜PM12:00 / PM2:30〜PM5:00

何卒よろしくお願いします。

第7回 国際歯科大会 クイント国際シンポジウムにシンポジストとして参加しました。

パシフィコ横浜で行われた、国際歯科大会クイント国際シンポジウムにおいて当院院長 細見洋泰がシンポジストとして参加しました。

セッション名:「総義歯の神髄」
講演テーマ:「義歯の良好な予後を得るには、何が必要か?」

「高齢者の口腔内は健康のバロメーター」のページを追加いたしました。

当院で義歯を作成し、健康になった患者様からのメッセージ動画をご紹介いたします。
ぜひ、ご覧ください。

「高齢者の口腔内は健康のバロメーター」ページを見る»

高齢者にやさしい歯冠修復・補綴治療

「高齢者にやさしい歯冠修復・補綴治療」

2011年5月、当院院長 細見洋泰が院長が執筆に携わった本「高齢者にやさしい歯冠修復・補綴治療」が出版されました。高齢者への義歯による対応について症例をあげて解説しています。

第6回 国際歯科大会 クイント国際シンポジウムにシンポジストとして参加しました。

2010年10月10日にパシフィコ横浜で行われた、国際歯科大会クイント国際シンポジウム「総義歯とオーバーデンチャー」において当院院長 細見洋泰がシンポジストとして参加しました。

著書紹介「これでバッチリ! 義歯製作のアシスタントワーク」

2009年3月10日、当院院長 細見洋泰の著書「これでバッチリ! 義歯製作のアシスタントワーク 材料の取り扱いから口腔内&義歯のメインテナンスまで(出版社:クインテッセンス株式会社)」が発行されました。

2009年2月8日、講演「高齢者の口腔に於ける機能向上について」を行いました。

杉並公会堂B1にて、当院院長 細見洋泰が講演「杉並区民公開講座:高齢者の口腔に於ける機能向上について」を行いました。多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

2008年10月23日、「健康のためのお話と太極拳の指導」に参加

杉並区薬剤師会主催の「健康のためのお話と太極拳の指導」に、当院院長 細見洋泰が講師として参加しました(講演テーマ:高齢者における口腔内の特徴と管理の重要性について)。多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

2008年10月19日、QDT購読キャンペーン講演会「いまさら聞けない補綴治療」に参加

QDT購読キャンペーン講演会「いまさら聞けない補綴治療(札幌会場)」に、当院院長 細見洋泰が講師として参加しました(講演テーマ:噛める入れ歯の調整法)。多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

著書紹介「部分床義歯のトラブル解消法」

2008年9月、当院院長 細見洋泰の著書「部分床義歯のトラブル解消法」が発行されました。部分床義歯が上手に製作・修理できるように、臨床ですぐ必要になるテクニックを症例をあげて解説しています。

講演紹介「インドネシア歯科インプラント学会」

2008年5月、インドネシア歯科インプラント学会にて、当院院長 細見洋泰が、オーバーデンチャー維持装置の変遷について講演を行いました。

著書紹介「噛める入れ歯の調整法」

2007年8月、当院院長 細見洋泰の著書「噛める入れ歯の調整法」が発行されました。また、2008年4月に同著の韓国語版が発行されました。

ページの先頭へ